designer

エンジニアのみなさまの採用要件です。
弊社では現在、UI/UX/IA/IxD領域の方を募集しております。
以下をご覧いただいたのち、こちらのフォームよりご応募いただけます。

about our product

soeasy buddyは「みんなの創造性、持ち歩こう」をキーワードにした、AIと動画を使った組織力強化ツールです。

これまでは先輩の背中を見て学ぶしかなかった会社のノウハウを、動画でわかりやすく蓄積。そしてリアルタイムで自発的にアップデートされる仕掛けを備えることで、従業員は、活き活きしながらスマホを見てノウハウを身につけることができるようになります。

「背中をみろ、よりスマホを見ろ」このコミュニケーションを日本中の組織に拡げ、組織の生産性を向上させています。

これを実現するsoeasy buddyの具体的なサービスのポイントは、この3つです。
①営業のヒットトークやクレーム対応、 組織の中のあらゆるノウハウが、 動画で収められ、 手元のスマホで簡単に視聴することができるようになります。
②現場での最新の情報がチャットで常に共有されることで、 ノウハウがどんどんアップデートされていきます。
このために、 従業員は常に鮮度の高い最新の情報を取得することができます。

③従業員が積極的にこれらの仕組みを活用する助けとなるのが、 裏側のAIです。 発言や質問回答に応じて、 個人の組織に対する貢献度を偏差値表示する機能などが、 組織内での積極的な知恵の共有を促します。

組織内でみんなが効率的に学び、新しいノウハウを教えあい、現場でお客様がハッピーになっていく。
我々がこれまで培ったノウハウを活かして、この世界を実現できるのではないか。その実現を通じて、日本の多くの組織が悩む、生産性に対する課題感を解消できるのではないか。こう思って、より多くの組織に活用いただけるサービスを作っています。

期待すること

立ち上がって日が浅く、人数も決して多くはない開発チームです。
チームメンバーは、開発やデザイン、エンハンス、チームの運用などの特定の専門領域で活躍したり、時にはその境界を超えた不確定領域でもオーナーシップを発揮してプロダクト開発を行っています。

特定の領域をリードできるスペシャリストの方、またプロダクト開発が好きで手段を問わず課題にとことん向き合うことができる方に参画していただきたいと思っています。

弊社が提供できること

合理的なアプローチで最高のプロダクトを作るチーム

「組織全体で最高のプロダクトを作り上げよう」という思想で日々の開発に取り組んでいます。例えば営業チーム、カスタマーサクセスチームと日々顔を合わせて開発計画や数値分析、営業示唆やプロダクトフィードバックをすり合わせしています。組織全体を通して、合理的なアプローチで最高のプロダクトを作るチームが出来上がっています。

創り手をリスペクトする環境

ビジネス上で最も重要な職種の一つである、プロダクトを作る開発者(エンジニア/デザイナー)は最大限リスペクトされており、開発者のミッションは単に機能開発を行う事ではなく、自らがプロダクトの未来を描きそれを推進することができます。プロダクトの方針や機能の決定、そして技術選定や実装方針を決定する裁量を持って働くことができます。

会社を一緒に創っていく経験を積むことができます

チームとして働くことや、心理的な安全性を大事にする環境の中で、事業としてまたとないタイミングを心からワクワクしながら楽しんで働くことができます。

業務内容

業務詳細

プロダクトの情報設計、UIの作成
プロダクトのデザイン改善の提案

技術スタック

Sketch,
Adobe XD

求める人物像

必須なスキル、経験

①Web/モバイルアプリケーションのデザイン
② エンジニアと協業した開発チームでのデザイン
③ 不確実性を楽しみ、共に会社とプロダクトを創っていくことができる方

歓迎するスキル、経験

① デザイン組織の立ち上げ・マネジメント
② 新規系事業、業務用アプリケーションのデザイン
③ ユーザーテスト/ヒアリングの設計・運用
④ クリエイティブの製作、LPなどの製作

労働条件

雇用形態
正社員
勤務制度
および時間
フレックスタイム制
・コアタイム: 原則10:30〜15:00
・標準となる1日の労働時間: 8時間
※コアタイムを除く始業および就業の時間は労働者の決定に委ねる
給与
前職条件考慮のうえ、能力等に応じて決定
休日
土日祝日、年末年始、会社の指定した休日
有給休暇
法定通り付与
特別休暇
慶弔休暇など
諸手当
通勤交通費
福利厚生
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、定期健康診断実施
社内ドリンク無料
育児休業
子どもが1歳になるまで、育児のために休業することができます。
時間短縮勤務
育児・看護・介護等の事情により、仕事をペースダウンせざるを得ない社員が時間短縮勤務を選ぶことができます。